カワイ眼科医院

神奈川県藤沢市の眼科【カワイ眼科クリニック】老眼のメガネページ

藤沢メディカル・ビレッジ

老眼のメガネ

こばやし皮ふ科クリニック
いせき耳鼻咽喉科
たかばやし胃腸科クリニック
Mobile Site

老眼のメガネ

老眼の眼鏡

まず老眼の意味から。遠視の項で調節について説明しましたが、その調節力が落ちてくることを老眼といいます。老眼の進行に伴い自分の力でピントを近方に寄せることが難しくなります。言い方を変えると”明視域”といってピントを合わせることのできる範囲が手前の方から狭くなってきます。
初期の症状としては「長時間の読書やデスクワークが辛くなってきた。」、「遠くから近く、近くから遠くに急に視線を動かしたときに焦点がぼやける。」といった感じが多いようです。40代前半から実感される方が多いのですが、年齢的にまだ老眼鏡には抵抗があるでしょう。そのような場合にはメガネやコンタクトを使用しているのであれば明視域をやや近くよりに移動させることで対応ができます。具体的には近視であれば度数を弱めに、遠視であれば強めにします。遠くの見え方は若干犠牲になりますが、そのぶん楽に近くを見られるようになります。

中期以降の老眼では”遠くも近くも見えづらいどっちつかずのメガネ”になってしまうのでこの方法は使いにくくなります。その場合には近く専用のメガネいわゆる”老眼鏡”が必要になります。コンタクトをお使いの方の場合にはコンタクトで遠くを見て近くはその上から老眼鏡を掛けるという方法もあります。最近は遠近両用コンタクトレンズもありますので試してみる価値はあるでしょう。

pagetop