カワイ眼科医院

神奈川県藤沢市の眼科【カワイ眼科クリニック】色覚異常のページ|色覚異常について

藤沢メディカル・ビレッジ

色覚異常について

こばやし皮ふ科クリニック
いせき耳鼻咽喉科
たかばやし胃腸科クリニック
Mobile Site

色覚異常について

色覚異常とは

色覚異常には生まれつきある「先天色覚異常」と、網膜の病気などにより生じる後天色覚異常とがあります。
先天色覚異常は従来「色盲」という言い方をされていましたが、色が全くわからないといった誤った印象を与えやすいため、現在では使われなくなりました。
先天色覚異常の大部分は「赤緑色覚異常」ですが、これは赤が緑に見えるということではなく、赤と緑の区別がつきにくいということです。
例えばチューリップの赤い花と緑の葉の見分けが難しいといった具合です。
このように区別しにくい色の組み合わせを混同色と呼び、(赤と緑と茶)、(ピンクと水色と灰色)、(緑と橙)などがあります。
同じ色の組み合わせでも条件によって見え方は異なり、”小さいもの”、”暗い場所”、”見る時間が短い場合”には間違いが生じやすくなります。

《混同色の例》
混同色の例 赤・茶・緑 混同色の例 ピンク・水色・灰色 混同色の例 緑・橙

頻度は

X染色体性劣勢遺伝という遺伝形式をとるため男性に多く、女性では500人に1人程度と比較的稀なのに対し、男性では20人に1人くらいと高頻度にみられます。男の子の場合にはクラスに1人くらいいる計算になります。

進学・職業の問題

理工系・医師薬系を含め、原則としてどの大学でも進学は可能です。ただ、部分的な制限が有る場合もあるので募集要項の確認は必要です。職業の制限も近年になり撤廃されつつありますが、飛行機のパイロット、自衛官、警察官は安全面から制限を受ける場合があります。
上に示したような色の混同を起こすのは強度の異常を持つ方ですが、軽度の方でも識別に要する時間は正常者に比べて長くかかります。
例えば、運転中に信号を注視する時間は色覚異常者では正常者の2倍以上であるという報告もあります。
職業の選択に際しては、このような本人の負担も考慮に入れるべきでしょう。

pagetop